Pentazona’s diary

日々の事を適当に

セッティング完了


f:id:Pentazona:20170725160928j:image

 

先日救出してきたオカヤドカリ、新しい住み処のセッティングしてみました。

 


f:id:Pentazona:20170725161041j:image

これだけの品物が必要でした。

・プラケース

・硅砂

ゼオライト

・流木

塩土

・カトルボーン(コウイカの甲)

・隠れ家

・水呑場

・落ち葉

・樹皮

・脱皮用タッパー

・人工海水

・ヤシマット

 


f:id:Pentazona:20170725161547j:image 
f:id:Pentazona:20170725161609j:image

これがセッティングした状態です、脱皮用のタッパーに登り易い様に、ヤシマットを巻いてます、オカヤドカリは脱皮の際、10cm以上地中に潜るのでタッパーを使ってセット。

オカヤドカリは真水の他に海水も飲んだりするので、水呑場は2ヶ所セットしました。

ミネラルやカルシウム補給の為、小鳥用のカトルボーンと塩土を入れてあります。

他には鈴虫用の隠れ家と流木、カブトムシ・クワガタ用の樹皮と落ち葉を餌&隠れ家代わりにしています。

ゼオライトは硅砂に混ぜて消臭効果を期待。

まだこの他に天然海綿とパネルヒーターを届き次第セットします。

プラケースの三面は黒い紙で覆います、何故ならオカヤドカリは透明な壁を認識出来ないので、そのままにしておくと、延々カリカリと移動しようと壁を引っ掻いてしまうからです。

結局総額一万円弱掛かりました、オカヤドカリ飼育するのにこれだけの設備が必要になります、決して虫籠やタライに放り込んで飼える様な生き物ではありません。

 

それでもセット早々に無心で海水飲んでるヤドカリを見ると、まあ連れて来て良かったなって思います(*^_^*)
f:id:Pentazona:20170725162939j:image 
f:id:Pentazona:20170725163023j:image

※ちなみに脱皮用のタッパー、買って来たのを見たら抗菌仕様でした、そんなの使ったら死んでしまうので、家にあった別のタッパー使いました(´Α`)